[スピな夫が何言ってるかわからない]は夫にイライラした時読みたい漫画です

仲良し夫婦

珍しく漫画を読んでみました。

内容がおもしろくて心がほっこりとしました。

夫にイライラしている時、見ると少しは癒されて、夫のことが愛おしくなるかもしれません?

(夫のいない私が言うのもなんなんですが…笑)

もちろん夫がいない人にもおすすめです。

笑えるし、心がほっこりしますよ。

本の内容

著者「りんちゃん」の夫「スピ夫」はスピリチュアルカウンセラーで、幽霊が見えたり、動物と話ができます。

そんな彼と出会ってから恋をして、恋人になりそして結婚。

つき合ってから結婚までの道のりも、ちょっと複雑です。

 

夫婦になってからの日常はスピリチュアルな能力があるがゆえに色々大変なことが多い。

 

スピ夫は人が多くいるところは苦手。

生きている人間や、幽霊から受け取る情報が多すぎて大変だから。

りんちゃんには見えないがスピ夫にはそこら中に霊が見える。

 

スピリチュアルな能力があるがゆえに大変な日常生活が描かれています。

本の感想

スピ夫がおもしろい!

スピ夫がクマさんなのですがこの絵がまたかわいい。

この漫画は妻の「りんちゃん」が書いています。

 

スピ夫の仕草が私にはステキに見える!!

漫画なのに、スピ夫の話すことや表情、仕草になんだかドキドキした変態のわたし。

だってクマの絵なのに、漫画なのに、じーっと見つめられたら…と思うと「惚れてまうだろ~」って感じです。

あやうくスピ夫に惚れそうに。

なんだかよくわからないけど、カッコイイ。

 

考えてみました。多分絵のせいです。

決して美男子のクマではありませんが、男性の包容力を感じました。

 

ソファに座ってスマホをいじっている姿なんてリアルです。

はっきり言ってかっこよくない風貌だけど(多分)、話すことや行動、仕草が魅力的なんです。

 

一見クールで妻のことそんなに好きでないのかな…と感じることもあるけど、違うみたい。

考え方や愛情表現が私が思っているのと違うだけで、妻のことは大好きみたいで安心しました。

飼い犬とケンカ

スピ夫は動物と話せるのです。

妻の飼っている犬と初めて対面したときの様子が笑えますよ。

 

犬はスピ夫になついて愛想振りまいているように見せますが実は…。

 

りんちゃんは愛犬がスピ夫になついているので安心するのですが、実は違うんです。

この時のスピ夫と犬との会話が面白いです。

当然りんちゃんには聞こえていません。

 

それから飼い犬とケンカをする毎日。

人間と犬がケンカって想像できますか?

 

犬とケンカするのって想像できないから面白いです。

霊が家についてくる

仕事柄、霊が家までついてくることも。

スピ夫にしてみれば日常的に霊がみえるのですが、妻のりんちゃんにしてみれば霊の気配を普段感じることはありません。

 

でもある日、霊の気配を感じたりんちゃん。

スピ夫に話してみると「うんそうだよ、いるよ」との返事。

 

霊感がない妻にも気配を感じるのってよっぽどですよね。

 

霊はどこにでもいるらしいけど、できるなら感じなくていいです。

家までついてこられたら嫌だなあと思いましたし、日常的に霊が見えるのってとっても疲れそう。

夫婦のやりとりがおもしろい

この夫婦の会話ややり取りがおもしろい。

スピ夫が話すことは私には理解できないことが多いですし、もし実際に夫からこんなことを言われたらイラっとするだろうと思います。

 

でもりんちゃんは違うんです。

ちゃんと相手の話を聞いて理解しようとしています。

 

スピ夫もそうです。

二人はよく話し合っています。

とことん話し合うことは夫婦がうまくいく秘訣かなって思いました。

 

女性って特に夫への小さな不満を貯めていくとある時、ど~んと爆発しますよね。

小さな不満のときに解決しておけば、大きな火事にならなくて済むんですよね。

 

大きな火事になってしまうともう手遅れになってしまうこともあります。

それに女性って、相手のことが嫌いになるともうどうでもよくなり不満さえも話さなくなります。

 

こうなるともう時間の問題ですね。

不満があるうち、話があるうちは華ですね。

 

夫婦であっても他人なので、すべてを理解することは無理です。

でもじっくり相手の考えを聞いたり話し合うことで、相手を理解しようとするんですね。

 

自分の気持ちを話してじっくり聞いてもらえることはとても大事なことなんですね。

子どもが欲しい

この夫婦は今子どもが欲しいのですが、そのやり取りも面白い。

その後、子どもが出来たのか…気になります。

 

日常の細かい描写が面白くて、続編を期待しています。

この本をオススメしたい人は

この本をオススメしたい人は、

 

■夫(彼)にイライラしている人

 

■ちょっと離婚を考えてる人

 

■毎日がつまらない人

 

■ほっこりしたい人

 

■最近怒ってばかりの人

 

このような人にぜひ読んで欲しいです。

笑って、ほっこりすること間違いなしですよ。

 

わたしは最後のページが大好きです。

スピ夫に寄り添って眠るりんちゃんの姿がいいです。心があったかくなります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログ村のランキングに参加中です。応援ありがとうございます。